東京市民法律事務所 〒113-0033
東京都文京区本郷2-13-10 湯淺ビル7階
TEL:03-5802-7015(代) FAX:03-5802-7016

所属弁護士のご紹介

東京市民法律事務所
弁護士
弁護士
弁護士
弁護士
弁護士


弁護士 宇都宮 健児 (うつのみや けんじ)


1971年 弁護士登録、東京弁護士会所属

以後、日弁連消費者問題対策委員会委員長、日弁連上限金利引き下げ実現本部本部長代行
日弁連多重債務対策本部本部長代行、東京弁護士会副会長、豊田商事破産事件破産管財人常置代理人、
地下鉄サリン事件被害対策弁護団団長、KKC事件・オレンジ共済事件・八葉物流事件被害対策弁護団団長、
消費者主役の新行政組織実現全国会議(ユニカネット)代表幹事、年越し派遣村名誉村長、日本弁護士連合会
会長などを歴任。2012年12月と2014年2月の都知事選に出馬。

現 在、全国クレサラ・生活再建問題対策協議会副代表幹事、全国ヤミ金融・悪質金融対策会議代表幹事、
オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長、全国消費者行政ウオッチねっと代表幹事、
反貧困ネットワーク代表世話人、人間らしい労働と生活を求める連絡会議(生活底上げ会議)代表世話人、
週刊金曜日編集委員、公正な税制を求める市民連絡会共同代表、希望のまち東京をつくる会代表、
供託金違憲訴訟弁護団団長。

著 書 『消費者金融 実態と救済』(岩波新書)
     『多重債務被害救済の実務』(編著 勁草書房)
     『ヤミ金・サラ金問題と多重債務者の救済-返さなくてもよい借金がある』(明石書店)
     『自己破産と借金整理法』(自由国民社)
     『イラスト六法 わかりやすい自己破産』(自由国民社)
     『多重債務の正しい解決法-解決できない借金問題はない』(花伝社)
     『お金で死なないための本 いつでもカード、どこでもローンの落とし穴』(監修 太郎次郎社エディタス)
     『もうガマンできない!広がる貧困-人間らしい生活の再生を求めて』
      (宇都宮健児・猪股正・湯浅誠編著 明石書店)
     『反貧困の学校 ― 貧困をどう伝えるか、どう学ぶか』(宇都宮健児・湯浅誠編著 明石書店)
     『派遣村-何が問われているのか』(宇都宮健児・湯浅誠編著 岩波書店)
     『反貧困の学校2― いま”はたらく”が危ない』 (宇都宮健児・湯浅誠編著 明石書店)
     『大丈夫、人生はやり直せる-サラ金・ヤミ金・貧困との闘い』(新日本出版社)
     『弁護士、闘う 宇都宮健児の事件帖』(岩波書店)
     『反貧困 ― 半生の記』(花伝社)
     『弁護士冥利 ― だから私は闘い続ける』(東海教育研究所) 
     『わるいやつら』(集英社新書)など
     『希望社会の実現』(花伝社)
     『悪と闘う』(朝日新書)
     『自己責任論の嘘』(KKベストセラーズ)
     『築地移転の闇をひらく』(共著、大月書店)
     『築地市場の豊洲移転?』(共著、本の泉社)

弁護士 岩重 佳治 (いわしげ よしはる)


1997年 弁護士登録(東京弁護士会)
      東京市民法律事務所入所

<主な活動 所属団体など>
日弁連貧困問題対策本部(女性と子どもの貧困部会)委員
独立行政法人国民生活センター客員講師
獨協大学法学部非常勤講師(消費者法)
中央区自殺対策協議会委員
奨学金問題対策全国会議事務局長(2013年3月31日より)

<著作など>
「日本の奨学金はこれでいいのか! -奨学金という名の貧困ビジネス」
奨学金問題対策全国会議編(あけび書房)(共著)
「日弁連 子どもの貧困レポート」 日本弁護士連合会編(明石書店)(共著)
「イギリスに学ぶ 子どもの貧困対策」(共著)
「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク編(かもがわ出版)(共著)
「個人債務整理実務マニュアル」
 編集 個人債務整理実務研究会新日本法規(新日本法規)出版(共著)
 ほか

<ごあいさつ> 
弁護士と依頼者は二人三脚。
初めはお見合いのようにして始まる依頼者との方との関係が、ともに悩み、協力していくうちに、旧知の知り合いのような信頼関係に変わっていく。その過程は、弁護士としてのやりがいを最も感じる瞬間です。
あなたの悩みをお聞かせ下さい。
一緒に、より良い未来を探しましょう。

弁護士 三上 理 (みかみ おさむ)


1998年3月 早稲田大学法学部卒業
2000年10月 弁護士登録(東京弁護士会所属)

<弁護士会活動>
東京弁護士会法律相談センター運営委員会副委員長
同消費者問題特別委員委員(元副委員長)
同非弁提携弁護士対策本部委員
東京三弁護士会法律相談連絡協議会委員
同振り込め詐欺等不正請求対策連絡協議委員会
日本弁護士連絡会多重債務問題検討ワーキンググループ委員 ほか

<弁護士会法律相談担当>
一般法律相談(相続・遺言、離婚、不動産、借地・借家 ほか)
特別法律相談(クレジット・サラ金問題、消費者問題、労働問題、生活保護問題)

<著作(共著)>
クレジット・サラ金処理の手引き
個人の破産・再生手続~実務の到達点と課題~
改正割賦販売法・特商法活用の手引き
消費者相談マニュアル
事件類型別弁護士実務ハンドブック ほか

<講演>
東京弁護士会、日本司法書士連合会、東京都、世田谷区、足立区 ほか

<ごあいさつ>
困った人を見たとき、力になれる人間でありたい。そう思い、弁護士になりました。
人の痛みに共感する気持ちから出発した上で、弁護士として、その人にために何が
できるかを冷静に考えていく姿勢を、貫きたいと思っています。

弁護士 酒井 恵介 (さかい けいすけ)


2002年 弁護士登録(東京弁護士会)
     東京市民法律事務所入所

<主な活動、所属団体など>
東京弁護士会消費者問題特別委員会委員
東京弁護士会法律相談センター運営委員会委員

<著作>
「住まいを守れ!「追い出し屋」被害対策マニュアル」全国追い出し屋対策会議編・共著
「消費者相談マニュアル〔第2版〕東京弁護士会消費者問題特別委員会編・共著
「貧困ビジネス被害の実態と法的対応策」日本弁護士連合会貧困問題対策本部編・共著
ほか

<ごあいさつ>
訪問販売・投資被害などの消費者被害事件、離婚・相続などの家事事件、任意整理・
破産・個人再生、ヤミ金被害などの多重債務事件、生活保護の申請同行・審査請求など
さまざまな案件に全力で取り組んでいます。
みなさまの立場に立って考え、よりよい解決を目指して努力いたします。

弁護士 白石 裕美子 (しらいし ゆみこ)


2005年10月  弁護士会登録(第一東京弁護士会)
2007年4月  東京市民法律事務所入所
2011年8月~2013年11月 消費者庁(任期付公務員)
2014年1月 東京市民法律事務所復帰

<主な活動、所属団体など>
第一東京弁護士会消費者問題対策委員会委員

<ごあいさつ>
消費者庁に2年4ヶ月勤務し、行政の立場で消費者問題に取り組んでまいりました。
この経験を活かして、業務の分野にとらわれることなく、みなさまの日常生活における
身近な問題を解決するためのお手伝いをさせていただきたいと思います。
 Copyright (C) 2014 東京市民法律事務所 All Rights Reserved      個人情報保護方針